社長あいさつ

 私たち(株)東京朝日ビルドは、おかげさまで2020年末に創立48周年を迎えることができました。

 当社は、(株)竹中工務店の企業内労働力確保を目的とした高等職業訓練校を起源とし、型枠・鉄筋工事の専門会社として設立されました。今では型枠・鉄筋工事のみならず、建物の骨組みである躯体工事全般を一貫体制で請け負う会社に成長し、耐震改修などでも総合力でお客様の期待にお応えしています。

 また、前身である高等職業訓練校の「技能の研鑽、技術者の育成」の想いを受け継ぎ、全国の工業高校への「出前授業」や新入社員育成プログラム「ビルド学校」、資格取得支援制度などの活動を通じた若手や外国人実習生の育成にもたゆまぬ努力を続けています。

 これからもお客様との対話を重ね、時代の変化に合わせて「技術の研鑽、技術者の育成」を続けることで、サステナブル社会を実現させる100年企業を目指します。

 そして「最良の作品を世に遺し、社会に貢献する」という経営理念の下、品質と安全を重視した「ものづくり精神」で、お客様、地域の皆様に幸せと喜びをお届けし、社会に貢献してまいります。

取締役社長 三重野裕之